山谷脳中記

創作活動とドールが好きな駆け出しSEの忘備録です。

初めての2.5次元

先日、幼馴染の伝手で舞台を見に行きました。

造形屋さんとして舞台に携わっており、ゲネプロに呼べるんだけど来る?と誘ってくれたので喜んで乗らせてもらった形です。

ただの舞台ではなく、いわゆる『2.5次元』と呼ばれるアレです。

 

stage.fate-go.jp

 

こちら。Fate/Grand Orderの舞台を観劇いたした次第です。

Fate/Grand Orderは通称FGOと呼ばれるスマートフォン向けアプリゲームです。

 

FGOを雑に説明させていただくと、

このままだと人類が滅びてしまうので過去に介入してどうにかしようねという感じです。

その過程で7つの時代に特異点があるのでそこを正しましょうねと進めていきます。

聖杯と呼ばれるものを回収してまわるのですが、その7つ目が「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」。古代メソポタミアの時代なわけです。

まだ神が存在していた神秘の時代。

最後の都市「ウルク」と人類を滅ぼそうとしている女神たちに関わりつつ真相を暴いて聖杯を回収するという寸法です。

 

上記、ざっくり説明しましたが、笑いあり涙ありでストーリーが進んでいきます。

 

この章は私はクリア済みのところなので、前知識あり状態での拝見でした。

 

まず初めに出た感想が、声がすごい。

FGOは全てのキャラにボイスがついているのですが、再現度がすごいです。

声もさることながら、細かい動作や立ち振る舞い、口調や歩き方まで本当に違和感がなくて驚きました。

2.5次元舞台というものは、コスプレをした人たちがそれっぽいセリフを言うだけのものと偏見を抱いていましたが、舞台美術も相まって一種の芸術品として仕上がっていました。

 

誰が一番とか無いくらい皆キャラクターそのものになっていて

イケメンと美女しかいなかったし、ケツァルコアトルのプロレスとかすごかった。

というか動作が本当に軽やかで、それでいて筋肉を感じさせない筋力だったのがすごい。本当に良かった…良かったしか言えないよ…

 

キャラクターが歌ったり踊ったりするのは思った以上に愛らしさと凛々しさを感じてすごく癒されます。

 

特に、ダヴィンチちゃんの歌が本当に上手でした。

群を抜いていてやばかった…と思っていたら宝塚出身の人だと聞いて心底納得しました。

 

ただそこ以外のシーンで、席が悪かったのか、ゲネプロだからなのか、一部伴奏が大きすぎて歌詞があまり聞き取れない場面があったのが少し残念でした。

 

 

また、マシュ役の人の2次元寄りの演技も本当に、本当に素晴らしかったです。

ですが、寄りすぎて他の方とのバランスが少し悪かったような気がしました。

舞台というよりアニメに昇華しすぎてしまっていたような…でも素晴らしいと思いました。

 

FGOは戦闘が入ったり歴史上の人物に対する説明が覚えられなかったりでプレイしていても把握できかねるところがある(私の理解力が低かったり、セリフ飛ばしがちだったりするせいだと思う)のですが、簡潔にまとめられていてわかりやすかったです。

 

登場しないキャラや端折られたシーンがありましたが、大筋を語るにはいい削り具合だったのではないかと思います。

 

私はFGOではジキル/ハイドとモードレットというキャラクターが好きで、それ以外特に推しらしい推しはいなかったのですが、今回の舞台を見てアナちゃんも育てようと思いました。

 

アナは小柄で陰のある礼儀正しい人間嫌いの少女です。

あまり細かく設定を書くとネタバレ的にアレなので詳細は語りません。

 

今回の舞台では小柄な役者(桑江咲奈さん)が演じられていたのですが、完全にアナでした。というか私の想像以上の可愛さで感動すら覚えました。

 

普通にプレイしているだけでは気づかないキャラクターの魅力も役者さんが引き出してくれていたのではないでしょうか。

 

見終えた後すごい熱量で誰かに語りたい気持ちになります。

なんだか他人にこういった話を聞かせるのは言葉に気を使ってしまうのでしませんが…

 

舞台の向こうは異次元というか、そういう非日常を味わうことが出来ました。

 

表現に一部シュールな点はありますが、それも含めて本当に楽しい舞台でした。

誘ってもらえて本当に良かった。ありがとう。

 

またちまちまFGO再開しようかなぁ~と思います。

 

↑誘ってくれた幼馴染は前回の舞台も携わっています。

オジマンディアスの曲とか本当に頭に残って良きなのでお勧め。

 

精神虚弱

こんにちは。

実は私は鍼灸師の資格持ちなのですが、東洋医学って割と日常に関係してくるのでハッとするタイミングがあります。

(現在は鍼灸が全く関係ない職場なので知識は単に資格取得レベルです)

 

最近メジャーになりつつある、腸内環境と精神面でのお話。

特にオチはないです。

 

とっても簡単に東洋医学っぽい考え方を説明すると、感情・食べ物・内臓・色・季節などなんでも五行説(木・火・土・金・水)に当てはめて、相生・相剋関係を考えている歴史と経験が作り上げたものです。

※相生とは補ってあげる、効果を高めてくれる関係です。

※相剋とは害する関係になります。

 実際はもっと細かいですが基本はこんな感じ。

本当にありとあらゆる物を当てはめていて、肉だの穀物だの色々あります。

経験の積み重ねなので、原因不明なら結構効果があったりして面白いですよ。

  

鍼灸で基本的に使うのは内臓に関する対応です。

五行:木→火→土→金→水(→木…)

五臓:肝→心→脾→肺→腎(→肝…)

五腑:胆→小腸→胃→大腸→膀胱(→胆)

 

 

経穴(ツボ)というのは経絡という線の上に存在するのですが、経絡は内臓に対応して走っています。

 

長くなってしまいましたが前置きは此処までです。

薄っすらと知識を学んだ身として、最近言われている「腸と精神の関係」というのが非常に気になるところであります。

 

確かにストレスを感じると腸内環境が悪いと思ってしまいますが、逆もまた然りなのでしょうか。

腸内環境が悪いから気分が鬱々としてくるのか、鬱々としているから腸内環境が悪くなるのか、今まで後者だろうなと思っていましたが、負の連鎖を断ち切るには腸内環境を整えることも重要なのではないかと考えました。

 

東洋医学では心と小腸は密接に関係しています。

同じ属性であり、表裏の関係にあるのです。

相剋関係的に、水の属性が弱くなると火を抑えるものがなくなり炎上が盛んになります。

つまり、腎臓の働きが低下してくると心が盛んになるのです。

腎は人の生命力を担っており、これが虚すると耳が聞こえにくくなったり骨が脆くなったり、極度に物を恐れるようになります。

そして、心が余計に働いてしまうので考え事が多くなったり神経質になったりすると考えられます。

興が乗ったらそのあたり、おさらい的にまとめたいなぁ…。

周囲を観察するとなかなか当てはまると主観的に思います。 

 

というのも、自分自身精神科にかかっていたことがあります。

詳しくは書きませんが結構満身創痍な感じの時期があり、思い悩んでいた頃でした。

けっこう消化器系に来ていたのではないかと思われます。

そんな折、決意してかかった精神科医師から早寝早起き・規則正しい生活・適度な運動などを指導されたので、その通りに生活していたところ改善が見られました。

こういった病状の完治は難しいところなのかと思いますが、くじけずに続けてみるというのが大事なのかもしれません。

決して軽い診断ではなかったので現在改善しているのは指導を守り身体に悪いことを極力控えるよう努力した結果かなぁとは思います。

 

しかし、世の中にはどうしても生活習慣を改められない人もいるかと思います。

そんな人は「腸内洗浄」をしてみたらどうなるのかなと気になりました。

とんでもなく乱暴かもしれないのですが、もう腸内をまっさらにし、毎日食物繊維・乳酸菌などを正しく摂取すると多少心持が改善されたりして…と。

良い感じに非日常で気分転換にもなるかもしれない。どうでしょうか。

 

 

なんだか記事を書いていたらまた勉強してみようかなぁと思ったので、漢方とかアロマとか昔ハマってたことをちょくちょく記録していきたいなぁ…。

 

自分の精神状態に自信がない人とかは割とそういう安定作用のある趣味とかに詳しくなっていくと思うのですが、そういう情報を共有できたらいいな。

 

胡散臭いものの中、試せる所は試していきたい所存です。

 

 

今年の目標

久々にブログを書きます。

新年最初の記事なので、忘備録として今年の目標をざっくり立てておこうかと思います。

一月始めに書いておき、年末にどの程度実現できたかをチェックしていきます。

 

目標を立てておかないと行動が取っ散らかってしまう傾向にあるので、こういった所から着実に意識していきたいです。

 

《今年の目標》

◇日々のこと◇

・一日10分は学習時間を取る

・月1冊は本を読む

ほぼ日手帳を活用する

・月に1曲は動画付きで上げる

◇flag◇

・海外旅行をする

・必要な資格を可能な限り取得する

・一人の時間を少しは作る

 

取りあえずこのくらい。

最近仕事が忙しすぎて出来ることが少ないのがストレスとなっているので

心に余裕を持ちたいけど多分無理な気がします。

あと海外旅行に関しては何事もなければ達成されるはずなので入れてみました。

全部無理でしたは悲しいもんね。

 

他の心がけとしては自分の事が出来てないときと罪悪感を感じるときが最高にストレスなのでこういった事を無くしていきたい。

あとお金がたくさん欲しいのでちょっと本格的にお金持ちを目指していこうと思います。

1年2年じゃ無理だろうけど、3年後くらいには余裕で家を買いたいなぁ。

お茶の怖い話~ルイボス編~

昨日に引き続きお茶についての怖いお話です。

ルイボスティーは御存じでしょうか。

 

ノンカフェインで妊婦さんでも飲める!

とても安心安全なお茶ですね。

 

私は紅茶をガバガバ飲む前はルイボスティーをガバガバ飲んでいました。

ある時何気なく飲んでるルイボスティーについて調べたんです。

するとサジェストに『水銀』というワードが…

 

なんでもルイボスティーの原産国であるアフリカの土壌に水銀が含まれており、そこでそだったルイボスの茶葉にも水銀が含まれているのでは…という噂が発端の様でした。

車のバッテリーの亜鉛やリサイクル家電品から金属を取り出すときのアレコレや鉱山廃水とかなんか調べれば色々出てくるんですが、とにかくまぁ土壌が汚れて大変らしいです。

 

しかし、実際高い数値をたたき出すルイボスもいるそうですが、日本で取り扱っている様なちゃんとした商品だったら全く問題ないらしいです。

でもなんかチラチラ嫌な話も見受けられるのでなんとも…多分大丈夫だと信じて飲んでいますが。

調べれば調べる程何を信じればいいのかわかんないですけど、とりあえず或るものを大量摂取するのは良くないことだと戒めになりました。

 

紅茶やルイボスってジャムとかミルクで風味を変えられるのでついつい飲み続けちゃうんですよね。

 

ジャムも紅茶もパッケージとか可愛いし集めちゃって消費しなきゃいけない量も増えます。

でも多分これらの摂りすぎで死んでも後悔はあんまりないと思います。

 まぁ調べてしまったからには用法・容量を守って摂取しようと思いました。

 

 

お茶の怖い話~紅茶編~

こんばんは。IT土方です。

さて、デスクワークの皆さんはどの様に作業をこなしているでしょうか。

 

私は最近紅茶をガバガバ飲んでいます。

本当に結構な量を摂取しており、平日は職場で5~6杯に加えて家で1~2杯飲んでいます。

休日も家で紅茶を嗜むので、一杯200㎖とすると少なく見積もっても7ℓ以上飲んでいる計算になります。

心配になったので紅茶 飲みすぎで調べると恐ろしい事が書かれていました。

 

紅茶と聞くと大抵の人は様々な薬効を思い浮かべるかもしれません。

 

タンニン

渋み君です。

効果としては血糖降下・抗酸化とか。あと殺菌・抗菌効果で風邪やインフルエンザの予防にいいらしい。

タンニンの中でもテアフラビンという成分がウィルスを固めて感染を防ぐのでうがいに用いると効果的らしい。

カフェイン

言わずと知れた覚醒効果。あと脂肪を燃焼したり疲労回復したり。

経口摂取では30~45分で血中最大値になり、約4.9時間経つと半減期になるってWikipediaに書いていました。

一般致死量は10g~20gってWikipediaに書いていました。

ちなみに紅茶1杯のカフェイン含有量は30mgらしい。

各種アミノ酸やビタミン

お肌に良いらしい。

 

 

http://lakshimi.jp/

ラクシュミーの紅茶です。神戸に遊びに行った際お店でアフタヌーンティーを頂きましたが美味しかったので張っておきます。

 

まぁ美味しいから飲んでるので効能とかはどうでもいいんです。

しかし『飲みすぎ』になると怖いことが起こります。

尿管結石です。

これはホウレンソウやコーヒーにも含まれるシュウ酸というやつの仕業で、シュウ酸を取りすぎると腎臓でカルシウムと結合し結石ができちゃうらしい。

 

群発性頭痛・心筋梗塞・尿管結石

この3つがよく挙げられる三大激痛らしいです。

怖すぎる。

 

ただ、このシュウ酸は腸管でカルシウムと結合することにより排出されるのだとか。

だからミルクティーにして飲むと結石の形成を予防できるそうです。

 

だから紅茶をガバガバ飲むときは乳製品をとろうね。

以上です。

 

参考までに成分について…

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/59/7/59_326/_pdf/-char/en

 

 

チェンバロとクラヴィコードの演奏会

 

チェンバロクラヴィコードの演奏会のチケットを取ってもらったので聴いてきました。

 

 チェンバロはすごく好きな楽器の一つで、とにかく世界観が優美な曲や幻想的な曲が多く書かれています。

張られた弦を鍵盤と連動する爪で弾いて音を出す類の楽器です(適当)

 

一方、クラヴィコードは名前を知ってるくらいなものでした。

こちらは弦を押すことによって音を出しているようです。

音が小さく、そもそも楽器自体小さいので作曲家の人が持ち歩いて旅したりしてたようです。

 

奏者は大塚直哉さんという方で、藝大の教授をなさっているという事でした。

 

『静かな音楽会』と称された今回のコンサートは、曲目がとてもひねくれていて面白かったです。

 

*。+・。*・+。*。・+。+*。*・。*

1.F.クープラン

クラヴサン奏法』から8つのプレリュード

2.F.クープラン

シテール島の鐘・幸福な想い・神秘の障壁

3.J.J.フローベルガー

組曲 第20番二長調~未来の死に寄せる迷走~

4.J.Sバッハ

平均律クラヴィーア曲集 第1巻』から

第1番 ハ長調BWV846・第2番 ハ短調BWV847・第8番 変ホ短調BWV853

5.W.A.モーツァルト

幻想曲 ニ短調K397

6.W.A.モーツァルト

きらきら星変奏曲

7.J.S.バッハ

パルティータ 第6番 ホ短調BWV830

*。+・。*・+。*。・+。+*。*・。*

 

モーツァルトの曲をクラヴィコードで、他はチェンバロでの演奏でした。

 

どれもとても優美な曲でした。

特に感銘を受けたのは3.J.J.フローベルガー作曲の未来の死に寄せる瞑想でした。

クラシックを聴く際に時代背景って少なからず知っておいた方が深みを感じられると思います。

宗教観がしっかりしており、教会音楽が沢山作られている時代な気がします。

神や死後の世界などがはっきりと想像できるテーマになっていて、曲を聴いているとやはりイメージが湧きやすいと感じます。

未来の死に寄せる瞑想は、気が付くと白く荘厳な部屋に一人でいて怖い様な幸福な様な気持ちになるイメージが湧きました。

曲を聴いてイメージするものは人それぞれなので主観でしか感想は述べられませんが、少なくとも私は裏ラスボスの清廉潔白故に恐ろしさを内包している感を感じました(ゲーム脳)

チェンバロといえばバッハなイメージがあったのですが、フローベルガーも良いなぁと。

 

クラヴィコードは本当に繊細な音で、後ろに座っている人のお腹の音が聞こえるくらい静かに聴きました。

シンセっぽい音でとても親しみを感じました。

きらきら星が可愛く聞こえたので、曲って音色で顔色が変わるよなぁと再認識。

 

普段短調ばっかり聞いてますが、チェンバロで聞く長調も畏怖感があって楽しいです。

ちょこちょこコンサートで生音を聞きたいです。

次はパイプオルガンを聞きに行きたいなぁ…。

 

COMP買いました

 

Twitterでちょこちょこ見かけて気になっていた

COMPを購入してみました。

 

www.comp.jp

 

グミ2袋、粉3袋で1,000円という

おためし的なパックがあったので注文しました。

 

f:id:nechiko_yamaya:20181024232411j:plain

 

【COMP グミ】

まず、口に入れた瞬間ドックフードのにおいがしました。

結構リアルにドックフードできついです。

味も割とドックフードっぽくて、少しフルーツっぽいですが

においがきつすぎてあんまりわからない…

 

【COMP 粉】

シナモンが入っています。

私はシナモンがあまり得意ではないですが、

牛乳と割ることでとても飲みやすくなりました。

らぽっぽのアップルパイみたいな…?

少なくともグミよりは断然飲みやすいです。

 

栄養素に関しては、グミも粉もかなりの量を摂取しないと

一日分に満たない様なのでなんとも…

 

私は朝食を取らない派、というか時間が無いので

そういうシーンではお守り的に

活躍はしてくれるでしょう。

 

ディストピアの象徴だとか

ワクワク感だとか浪漫はありますが

現実問題、続けるのはきつそうです。

こういった類の食品はまずい方が

むしろ良いのかもしれませんね。

 

取りあえずお取り寄せした分は使っていこうと思います。

きっとリピートはしませんが、

これから味や成分の改良が行われると思うので

3年後くらいにもう一度注文してみたいです。